タグクラウド

2011年04月23日

バナナの皮が凄い事が判明



ブラジルの化学者たちの研究により、バナナの皮を細かく刻みミンチ状にしたものが、
汚染された河川の水から鉛や銅などの重金属イオンを除去するフィルターとして効果的と言う事が解った。

更に現在使われているさまざまな浄水法と同等あるいはそれ以上の浄水効果が有るみたいで

11回繰り返し使用出来
pH3以上の酸性の溶媒中で最も効率よく金属イオンを除去
鉛や銅の残留量が多い酸性の工業廃水の浄水での実用化が期待されています。

これって、個人でもできそうなレベル。
自治体で出来れば朝バナナ依頼のバナナ不足が起きるのか?

元記事
http://gigazine.net/news/20110415_banana_peels_can_purify_water/
posted by totoya at 22:41 | 環境・エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

砕いた瓦で緑化土壌

家屋の解体時や屋根のふき替えなどの際に出る廃瓦は
粘土を窯で焼いたものが主流で
これが植物の生育を促す土壌に活用できる。

瓦そのものにミクロン単位のすき間が多く、
砕いてできた粒子の間にもミリ単位のすき間ができる。

この二重のすき間が水や養分を適度に保ち、踏んでも固まらない性質を生む

この性質を利用し
京都府立植物園(京都市左京区)の桜の名所で、
ソメイヨシノや枝垂れ桜約200本があり
花見客に土を踏み固められて樹勢が衰えていた。

廃瓦の土壌を導入し
「土が沈まなくなった。3〜5年後に桜にも効果が出てくれれば」と期待する。

これって、瓦だけでなく、陶器とかでも出来るのだろうか?
焼き物の産地なら大量に失敗して廃棄処分の陶器が有ると思うので。

しかし、意外なものが意外な使われ方するのですね。

元記事
http://www.yomiuri.co.jp/eco/saizensen/20100125-OYT8T00716.htm
タグ:緑化 エコ
posted by totoya at 02:29 | 環境・エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。